FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

多摩タマ新米ママ日記

はじめての育児。分からないことばっかり。試行錯誤した過程を日記にします。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 赤枝医院
CATEGORY ≫ 赤枝医院
      

赤枝医院のお祝い膳

赤枝医院での食事については、赤枝医院 入院生活でも少し触れましたが、今日はお祝い膳について詳しく紹介したいと思います。

入院しているわたしの分は入院費に含まれていますが、せっかくなので夫の分をプラス3,000円払って、2人でお祝い膳をいただきました。
*追加料金を払って追加できるのは1人分までです。両親たちやお子さんなども一緒に食べたい場合は、残りの方の分はお弁当などを持参して一緒に食べるしかないようです。

メニューは、季節のパレット、若どりとカブのポタージュ、バーニャカウダ、パスタ、サーロインステーキ、デザートプレートでした。
まさにイタリアンのフルコースで、そんじょそこらのお店より、かなりおいしい! 夫も大満足の様子でした。

P1196826_convert_20140216171847.jpg
左横のはノンアルコールのジュースです♪ そして、右横にちょこっとだけ写っているのがプレゼントのアレンジメントフラワー。うれしいこころ遣いです。


バーニャカウダ
これがバーニャカウダ。ソースがたまらなくおいしい。

サーロインステーキ
サーロインステーキです。どんだけいい肉を使っているんだ!!! と感動のおいしさです。

デザート
こちらはデザート。アイスクリームには、おなじみ、赤枝の『赤』!(字が反対ですが)



参考になった方はぽっちとお願いします。

育児 ブログランキングへ



スポンサーサイト



赤枝医院 入院持ち物

赤枝医院は、手ぶら入院ができるよう必要なものを用意しておいてくれます。が、自分で用意しておいた方が良いものもあります。夏と冬では違うかもしれませんが、冬に出産の方には少しでも参考になれば幸いです☆

*** 持ち物リスト ***

●赤ちゃんの退院時の服
 セレモニードレスは買ってあったけど、それはお宮参りに着せることにして、普通のベビー服を着せて帰りました。
 短肌着、長肌着、ベビー服、おくるみ、帽子、靴下を準備しました。

●自分が退院するときの服
 入院するときの服でも良いと思いますが、超普段着だったので・・・。退院時に赤枝先生と記念撮影するしと思って、ちょっとキレイ目な服を入院中に持ってきてもらいました。

●メイク道具
 基礎化粧品は、赤枝医院で用意してくれるDHCのものを使用していましたが、アイブローとか、必要最低限のメイク用品は持っていきました。

●メディキュット、靴下、スパッツ
 産後も足がとてもむくみます。なのでメディキュットは必須!あと、ふつうの靴下。赤枝医院のパジャマはネグリジェタイプなので、寒いときはスパッツあると便利です。

●授乳用ブラジャー
 赤枝医院で貰える授乳用ブラジャーは1つなので、洗い替えに1つ用意しました。

●携帯の充電器

●歯ブラシ
 赤枝医院の歯ブラシは固くてわたしの口には合いませんでした・・・。

●爪切り
 入院中に爪が伸びてきたので、爪切りあると便利でした。

●カメラ

●出産一時金関係の書類(入院中に赤枝医院のハンコをもらうので)

●ウィダーインゼリー
 分娩室でお腹が空いたので飲んでました!

●筆記用具
 入院中にいろいろ受ける指導をメモするのに必要です。部屋に備え付けのメモ用紙にメモっていたけれど、ノートも持っていけば良かったなと後悔しました。

*** 持って行ったけど必要なかったもの ***

●フリース
 パジャマの上に着るガウンも赤枝医院で貸してくれるし、院内は暖かいのでフリースやカーディガンは不要でした。

●生理用ショーツ
 赤枝医院で産褥ショーツを2枚貰えます。産褥ショーツは買わなかったので、普通の生理用ショーツを念のため持って行ったのですが、産褥ショーツを洗って交互に履いていました。今思うと、産後すぐに体型は戻らないし、マタニティ用じゃないショーツだとお腹を締め付けるからダメですね。産褥ショーツは悪露で汚れることもあるので、入院中に洗ったりしたくない!という人は必要枚数を持っていくのがオススメです。

●パジャマ
 念のため自分のパジャマも用意していったのですが、赤枝医院で貸してくれるパジャマは毎日交換してくれるので、自分のは必要なかったです。


とりあえず、思い出せるのはこんなところでしょうか・・・。赤枝医院から貰えるものもたくさんあるので、退院するときは超大荷物です!しかも赤ちゃんいるし!わたしの場合は、夫と実家の父が車で来てくれたのですが、あまり退院時に人手がない場合、入院中にちょこちょこ荷物を持って帰ってもらって少なくしておくと良いですね。



参考になった方はぽっちとお願いします。

育児 ブログランキングへ






 

赤枝医院 入院生活

わたしは普通分娩だったので、4泊5日の入院でした。最初は4泊も長いな~と思ったけど、ほんとすぐに退院の日を迎えて、あっという間の入院生活でした!それもそのはず(?)、入院中もいろんな指導やら、授乳やらで結構忙しいものなんですね。。もっとのんびり寝ていられるのかと思っていたので、予想外の忙しさでした(^^;)

☆分娩当日
 わたしは19時ころ出産したのですが、2時間ほど分娩台で赤ちゃんと一緒に安静にしたあと、お部屋に戻りました。夕飯は温めなおして部屋まで持ってきてくれました。ずっとウィダーインゼリーで飢えをしのいでいたので、普通のご飯はありがたかった~。

☆産褥1日目
 朝、貧血チェックの採血があります。
 朝ごはんは8時。用意ができると、スタッフの方がお部屋まで声かけてくれます。傷口が痛くて歩くの辛かったけど、なんとかダイニングへ。もうすっかり元気そうなママさんたちとおしゃべりしながら美味しい朝ごはん。そう!赤枝医院の食事はとっても美味しいのです!!毎食フルーツも出るし、中でも朝ごはんのパンがとっても美味しかったなぁ。クロワッサンとか出ちゃうんですよ(^^)
 午前中、授乳指導&同室指導。赤ちゃんをお迎えにいきます。体はあちこち痛いけど、本当にわたし産んだの?!という気分だったので、改めて赤ちゃんを見て実感が沸いてくるわたし…。出ないおっぱいをなんとか吸わせて授乳の指導やおむつの替え方など指導を受けます。
 そんなこんなで14時の面会時間。お見舞に来てくれた人とお喋りしたり、写真を撮ったり。そんなこんなしていると、「あっ、もう授乳時間!」。赤ちゃんと同室になってからは、結構忙しいぞ~。
 そして夜。赤ちゃんと離れるのは寂しいけれど、入院中にしっかり寝て少しでも体力回復させたかったので、ナースステーションに赤ちゃんを預けて、眠りました(--)zzz

☆産褥2日目
 沐浴指導がありました。多摩市の父母学級でお人形を使って沐浴実習はやっていたけれど、本物の赤ちゃんを沐浴させるのは始めて!!赤ちゃんを落としてしまわないか、どきどきでした。終わったころには汗かいてたし(^^;)おへその消毒、お耳、お鼻のお掃除も教えてもらいます。うーん、家に帰ったらこれをわたしがやらなければいけないのか・・・。
 
☆産褥3日目
 いよいよ明日は退院の日。なので、今日は産褥検診です。朝、尿検査と体重測定。赤ちゃんは3キロはあったのに、3キロ弱しか体重減っていない・・・。あれ?胎盤や羊水は??と思ったら、今は体がむくんでいるので水分で体重が重いんですって。なるほど。
 11時からビーンスターク社の栄養士さんによる調乳指導。ミルクの作り方や産後の栄養などについて説明がありました。ぼーっとする頭で必死にメモをとります。
 午後は外来で産褥検診。内診で子宮の状態を診てもらい、分娩の状況について詳しく先生が教えてくれます。このときに、赤ちゃんの足型をプレゼントしていただきました☆ とても可愛らしいです(^^)

☆産褥4日目
 今日は退院です!!
 お会計をして、お産後の過ごし方等についての退院指導を受けて、11時に退院です。
 妊婦健診のたびに、赤ちゃんを抱っこして先生方と記念写真を撮っているママさんの退院の風景を羨ましく思っていました。わたしも無事に赤ちゃんを産んで、赤ちゃんを抱っこして退院できるんだろうか?!と。なので、実際に赤枝先生と記念写真を撮って、退院セレモニー(ってほどではないですけど)をすると、なんか感動で涙が出そうでした。

 
 入院中、アロママッサージや美容師さんのカットサービスもありました。特にアロママッサージが最高!慣れない授乳で肩がばきばきになっていたので、肩を中心にマッサージしてもらいました。とっても気持ちよくて、30分があっという間。追加料金払うから延長して!って思うくらい(笑)

 あと、お祝い膳の提供があるのですが、3000円で1人分まで追加が可能です。みなさん、旦那さんや上のお子さんも一緒に食べている様子(^^) わたしも夫と一緒にいただきました。このお祝い膳、フルコースみたいにスープや前菜にメイン、デザート・・・とあって、本当に美味しかったです。お花のプレゼントもあって、至れりつくせり。あぁ、今思うと、しばらく外食もできないんだし、もっとゆっくり味わって食べればよかった・・・。

 そうそう、入院中は朝昼晩の3食のほかに、おやつも出るんです♡ わたしの入院中は、ロールケーキやチョコレートケーキなどなど。で、入院期間に日曜日がある人はラッキーなことに、デザートバイキングが楽しめちゃいます♪ お乳が詰まりやすくなるから甘いものは控えめに!と助産師さんに言われながらも、こわごわ食べちゃいました(笑)。

 

参考になった方はぽっちとお願いします。

育児 ブログランキングへ


 

 
 
 

赤枝医院 母親教室

赤枝医院では、母親教室(前期・後期)やマタニティヨーガ、ベビーマッサージの教室などが開催されています。ベビーマッサージは退院後2カ月までのお母さんと赤ちゃんが対象ということなので、お出かけできるようになったら行ってみたいなぁ。

妊娠中は、産休に入ってから、後期(28週~)の母親教室と無痛分娩教室に参加しました。前期(14~28週)の母親教室の内容は赤枝医院のホームページによると、妊娠中の栄養指導、生活指導。興味はあったけど、仕事を休めず結局行けませんでした。

で、後期母親教室の内容は、

● 母乳の利点・・・資料のみ
● 乳頭の形・・・資料のみ
● 乳頭・乳輪部のマッサージ、会陰マッサージについて・・・具体的に教えてもらえるので分かりやすかったです。
● お産の経過と過ごし方・・・陣痛の進み具合や呼吸法などを教えてもらいます。
● 入院の時期・・・初産婦だと、いつ病院へ連絡して入院するのかドキドキですよね!どのような徴候があったときに赤枝医院に電話すれば良いのか、また連絡方法などの説明があります。
● 出産時の準備品・・・赤枝医院で用意してくれるもの、部屋のアメニティ、貸出物品などについて。詳細は、また入院の記事で紹介したいと思います。
● 入院生活について・・・経膣分娩の場合は4泊5日の入院スケジュールになりますが、その詳細について説明がありました。これも別の記事で紹介したいと思います。
● 妊婦体操・・資料のみ
● バースプラン・・・分娩時のバースプランの提出について説明があります。
● 院内見学・・・楽しみにしていた院内見学☆ 実際に入院する個室を見て、ホテルのように綺麗で感動~。2階の新生児室、分娩室も見学できます。新生児が可愛くって、「あぁ、わたしももうすぐ出産するんだなー」と妙に実感がわいてきたことを覚えています。

後期の母親教室はいろいろ具体的なことを教えてもらえて役に立ったので、初産婦さんだったら是非行った方がいいと思います!ちなみに、パパの参加もOK。わたしが参加したときは、3~4人のパパさんが一緒に参加していました。

当日は、13時半から約30分の無痛分娩教室。で、14時から母親教室、というスケジュールです。無痛分娩教室が30分以上やっていたので、実際に始まったのは14時を回っていたかも。途中休憩をはさみながら、すべて終了したのは17時に近い時間だったかな?母親教室の講師は、ベテラン助産師さん。内容がもりだくさんなので、結構早口ですすむのでメモをとるのが大変でした(^^;)

あと、最後に沐浴剤などのサンプルやカタログなどのお土産がもらえます♪

赤枝医院 妊婦健診

妊娠していた10カ月間、そして出産でお世話になったのは聖蹟桜ヶ丘にある赤枝医院です。

妊婦健診も予約制で待ち時間が少なく、なんといっても院内がとてもきれい!
院内はアロマの香りがするし、待合室もソファがゆったりと配置されていて、つわり等で気分悪い時もリラックスできます。陣痛がきたときは、さすがにそれどころじゃなかったですが 笑。

2人目も授かることが出来たら、また赤枝医院で出産したいと思ってます。

忘れないうちに、赤枝医院でのあれこれについても、記事にしていきたいと思います。

まずは妊婦健診について。

赤枝医院での妊婦健診は、
5週から13週までは2週おきに健診があって、9週の健診で妊娠初期検査(血液検査)があります。

13週以降は、17、21、25週としばらくは1カ月おきです。
21週はいつもの外診や超音波以外にクラミジアや子宮頸管チェックが追加でありました。

29週以降はまた2週おきの健診になり、29週で妊娠後期検査と子宮頸管チェックがあります。
35週以降は1週おきの健診になり、36週以降はNST(ノンストレステスト 分娩監視装置でお腹の上から赤ちゃんの心拍数の連続変化を記録)が毎回あります。

先生は、院長先生か副院長先生が診察してくださり、わたしのときは2回ほど臨時の別の先生に診ていただいたこともありました。

あと、毎回、超音波写真と該当週の母親の状態と赤ちゃんの大きさなどを書いたハガキ大のカードをくれて、これが毎回のお楽しみでした!あと、赤枝医院から貰うUSBメモリを忘れずに持っていくと、超音波検査のデータを入れてくれます。なので、家に帰ってから、夫に超音波を見せながらを赤ちゃんの成長の様子を説明できました(^^)夫も毎回楽しみにしていた様子です。

出産を終えた今、これらの入ったファイルをパラパラと眺めていると、最初はお豆のように小さかったわが子が、こんなに立派になって(?)がんばって無事に産まれてきてくれたんだなぁ、と涙が出てきます。つわりやいろいろな体の変化、仕事との両立等々、いろいろ辛かったり、大変だったこともあったけど、本当に産んでよかった。産まれてきてくれてよかったな、と思います。